アルコール

 アルコールは、慢性影響としての臓器障害等の健康に対する大きな影響を与えます。
目標は、多量飲酒者の減少、未成年の飲酒防止及び「節度ある適度な飲酒」についての知識の普及について設定しました。


アルコール

目標

多量飲酒者の減少
未成年者の飲酒防止
「節度ある適度な飲酒」の知識の普及

未成年者の飲酒をなくす (到達の目安)

飲酒している人の割合
・高校3年男性 (現状)51.5%※→(2010年)0%
・高校3年女性 (現状)35.9%※→(2010年)0%
※:平成8年度末成年者の飲酒行動に関する全国調査
Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。