使って安心!お薬手帳

あなたのお薬の名前や飲む量、回数などを記録する手帳です。

  普段かかっていない医療機関を受診した場合でも、その病院の医師、歯科医師や薬剤師に、あなたが、どのようなお薬を、どのくらいの期間使っているのかを、的確に伝えることが可能です。
その結果、同じ薬あるいは同系統の薬のニ重処方や薬と薬の飲み合わせ等による、思わぬ事故も防ぐごとが出来ます。
外出先でのけがや急病、災害時でもあなたの治療経過を把握でき、適切な対応が可能になります。保険証と一緒に、常に携帯しましょう。

上手な活用法

  • お薬手帳はひとり一冊にまとめておきましょう。(何冊もあると必要なチェックができなくなります)
  • 病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには、毎回必ず医師・歯科医師や薬剤師にお見せ下さい。
  • ちょっと、得することも!無駄な投薬を防ぐことで、医療費の個人負担の減少も期待できます。
  • 市販のお薬を買う場合にも、手帳をお見せください。また、購入した薬も記録しておきましょう。市販の薬と調剤した薬でも成分の重複、飲み合わせが生じることもあります。
Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。