薬の買い方・使い方

市販薬(一般用医薬品)を用いて自分自身や家族の健康を管理することは、とても大事なことです。市販薬は正しく使えば、安全性も確かめられており効果も期待できます。しかし、飲む人の体調や体質によって、思わぬ副作用などがおこることもあります。飲みあわせの悪い薬もあります。じょうずに使って健康を保ちましょう。


薬を買うときには・・・体調や症状に合った薬を選びましょう

  • 体質や病気によっては飲んではいけない薬があります
  • 飲みあわせてはいけない薬があります
  • 使用目的や症状によって薬を選択しましょう

薬剤師に相談してみましょう
包装の記載をよく読みましょう

薬を使う前に・・・添付文書(説明書)をよく読んでから使いましょう

  • 定められた用量、用法を必ず守りましょう
  • 薬によっては使用してはいけない人がいます
  • おこりやすい副作用や重要な注意が書かれています

わかりにくいところは薬剤師に確認して下さい。

薬を使用中、使用後に副作用が出たら・・・

特に次のような症状がでたら服用を中止し、医師の診察を受けましょう。

飲んだ後すぐにじんましん、のど・まぶた・口びるのはれ、胸苦しさ、顔面蒼白、手足が冷たい、冷や汗、息苦しさ等があらわれる
高熱を伴って発疹・発赤、やけど様水ぶくれが全身の皮膚、口や目の粘膜にあらわれる


症状が改善されない場合は・・・

決められた量、回数、期間などを守って服用しても症状が改善されない場合は、必ず医師の診察を受けましょう。


Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。